車両保険は自分の車のための保険

任意保険 個別見積もり

任意保険の車両保険は、言ってみれば自分の車のための補償です。

車が盗難に遭ったり、自損事故で大破したり、当て逃げされてしまったりというように、車が(契約車両が)、偶然の事故によって損害を受けた場合に、修理費用などが補償される保険が車両保険です。

車両保険は、対人保険や対物保険のように事故の相手方のための保険と違い自分の車の損害のための保険ですので、保険料は契約車両の年式や車種などに応じた「時価」によって決められます。

契約車両の保険料は、保険会社が最新の「時価」のデータによって決定し、時価が高い車はそれに応じて保険料も高くなります。

スポーツタイプなど事故率の高いクルマの場合も、保険料は割高になります。

このように、車両保険の保険料は保険会社側によって行われるので自由度はありませんが、補償範囲の方は選択の幅が広く、選び方によって保険料が大きく変わりますので、自分が必要なタイプを良く検討して選んだ方がいいでしょう。

車両保険の各社タイプ

車両保険の各種タイプを保険料が安いものから取り上げてみましょう。

■エコノミー

最も手軽な「エコノミー」は、任意保険の車両保険で設定されている7種類の損害のうち、他の車との接触などによる損害だけが補償されるというタイプで、盗難の場合には補償を受けることができません。

■エコノミー+A特約

「エコノミー+A特約」は、車両保険が想定する7種類の損害のうち、単独事故と当て逃げを除いて補償を行うというタイプで、盗難、走行中の窓ガラス破損等でも、保険金が支払われるタイプです。

保険料は、次の「一般車両保険」と比べるとかなり割安であり、単独事故と当て逃げは自分で何とかするという人であればこのタイプで十分といえるでしょう。

■一般車両保険

「一般車両保険」は、設定された7種類の損害をすべて補償するタイプで、保険料は最も高くなります。

車両保険のパーフェクトタイプともいえる、万全の車両保険です。

高額ないわゆる高級車のオーナー等にとっては欠かせない保険なのかもしれません。


インターネットコミュニティ「MyVoice」が、2007年8月に行った任意保険の利用に関するアンケート調査によると、任意保険加入者のうち車両保険に加入している人は57.3%ということです。

車両保険の普及は、まだまだこれからのようです。

盗難など、損害を受けてみて初めて車両保険の必要性を痛感するケースがまだまだ多いのかもしれません。

<当サイトのメニュー>

トップ
車両保険対人賠償保険対物賠償保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険
過失割合と人身傷害保険任意保険の免責任意保険の等級制度

このページの先頭へ